森羅万象から学ぶ人生羅針盤「情熱を持続させる」2021.11.18

森羅万象から学ぶ人生羅針盤「情熱を持続させる」
2021.11.18

 『風の谷のナウシカ』をはじめとするさまざまな名作長編アニメーション作品を手掛けてきた宮崎駿監督は、人の才能について「才能とは、情熱を持続させる能力のこと」と指摘しています。

 つまり、ただ得意なものがあっても、それだけでは長所や特技に過ぎないのです。それを、才能というレベルに昇華させるには、エネルギーを発揮して情熱を持続させられなければなりません。そして、逆を言えば、特段に長所や特技がなくとも、情熱を持続させられれば、それは才能に値すると言えるのです。

 様々な分野で活躍し、結果を出してきた人たちに共通して言えるのは、誰よりも情熱に溢れ、目標・目的を達成するまで、その情熱の炎を燃やし続けてきたことです。東京オリンピック・パラリンピックのメダリストたちなどは、まさに情熱を持続させて、自他を感動の渦に巻き込んだのです。

 そして、他人から「できるか」と問われても「必ずできます」と答え、エネルギーを発揮して情熱を持続させ、答えを見つけ出すのです。そうした情熱を持続させれば、間違いなく世界を変えることにつながります。

 世の中には、いわゆる「宝の持ち腐れ」と言われる人がいます。役に立つものや、すぐれた才能を持っていながら、それを活用しなかったり、発揮せずにいたりすることの例え(故事ことわざ辞典より抜粋)なのですが、極めて惜しいと思います。

 もし、自分に何か光るものがあると感じたら、エネルギーを発揮して情熱を持続させ、ぜひ才能として生かしてください。必ずや輝かしい未来と人生が実現されるでしょう。

開催日時リクエスト: ご希望日時をご連絡ください
オンライン対応: オンライン対応はご相談ください
◇ワクワク生きるために: 人生100年の生き方
注意事項: 埼玉県さいたま市見沼区中川106-1
情報更新日: 2021/11/18
掲載日 2021/11/18

コメント・お問い合わせ (0)

コメントを送信するには ログイン が必要です