工場で回収したCO2が香水に変身!

工場で回収したCO2を香水へ!米化粧品大手コティが開発。

2020年11月時点で世界最大のフレグランス企業となった、アメリカの化粧品メーカー「コティ」。
バレンシアガやクロエなどのフレグランスも展開。

同社はこれまで、香水を製造する際に、サトウキビやテンサイなど天然の原料から作ったエタノールを使用。
しかし、これらの植物を栽培するには大量の土地、水、肥料が必要で、環境への影響が大きい。
サトウキビの大規模栽培は、森林破壊、土壌劣化、生物多様性の減少につながることがある。

そこでコティは2021年3月、香水を製造する際の環境への負荷を減らすために、工場で排出されたCO2を回収してエタノールを生成し、製品に使うことを発表。
この方法であれば工場のCO2排出量を減らすことができ、香水の製造に必要な水や土地も少なくて済むため、環境保全に大きく貢献できる。
同社は2023年までに、フレグランス製品の大半に、CO2を回収してできたエタノールを使うことを目指すという。

この取り組みは、世界でも最先端のガス発酵技術を持つアメリカのバイオテクノロジー企業「LanzaTech」と協力。
LanzaTechは、微生物発酵を用いて製鉄所などの排ガスからエタノールを製造する技術を開発し、そのエタノールからバイオジェット燃料を生成したり、持続可能なプラスチック容器を開発したりしてきた。
コティの科学者とは2年間にわたって、香水に適した持続可能なエタノールを共同で開発。

LanzaTechのCEOであるジェニファー・ホルムグレン氏はプレスリリースで、
「地中から取り出した炭素を一度で使い捨てるという発想を、過去のものにしたい」
とコメント。

エタノールは香水の香りを長く肌に留めてくれる成分だが、せっかくならそのエタノールも持続可能なものを選んでみルのも環境に優しい選択かと。

COTY参照サイト>

オンライン対応: オンライン対応はご相談ください
◇SDGs: 導入事例
掲載日 2021/11/ 8

コメント・お問い合わせ (0)

コメントを送信するには ログイン が必要です