森羅万象から学ぶ人生羅針盤「欠点がないことが欠点」

森羅万象から学ぶ人生羅針盤「欠点がないことが欠点」
2021.09.26

 アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの言葉に「私の経験によれば、欠点のないものは取り柄もないものだ」があります。
 確かに、多くの著名人や成功者を見ても、オール100点の人よりも、ほとんどが平均点、もしくはそれ以下なのに、一つだけ飛びぬけた才能を持っている人の方が成功しています。その理由には、自分の欠点を認識し、残された長所を伸ばそうと努力するからです。

 これに関連して、以前、器用貧乏の弊害をご案内しました。
 何をやらせても、普通以上のレベルに出来てしまう人は、現在手掛けていることが成就しなくても、他にやっていけることがたくさんあるため、一つの物事を究めようという執着心がなく、何事も中途半端に落ち着いてしまうのです。
 しかし、できることが限られている人、つまり欠点だらけの人ほど、「俺にはこれしかない」と突き詰め、最終的に高いレベルにまで到達するのです。

 また、欠点を欠点のまま捉える必要はないのです。これに関連して、以前、人の長所と欠点というのは、一つのことを、別な角度で見たときの評価であることをご案内しています。例えば、短気な人は、見方を変えれば、決断が速いと捉えることもできるのです。

 自分の欠点を認識しても、その裏に必ず長所が存在すると信じ、また欠点を長所に転用するように心掛けることで、ポジティブな気持ちで人生を送れるのです。そして、逆説的に考えれば、欠点がないことが最大の欠点であることを強く認識してください。

オンライン対応: Zoomにご登録願います→https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
◇ワクワク生きるために: 人生100年の生き方
情報更新日: 2021/09/26
掲載日 2021/09/26

コメント・お問い合わせ (0)

コメントを送信するには ログイン が必要です