【相談】起業して半年後のシニア起業家の現状について

昨年、「農業 × デザイン 農業とデザインでできること〜2人の職業体験〜」に参加しまして、そのご縁でWaku2の活動を知りました。

昨年会社を退職し、パラレルワークス(というのでしょうか。複数の生業を持つこと)を目指して起業いたしました。
当初は半分農業、半分Webデザイナー、という構想でスタートいたしました。
軸はITで、農はライフワークといったバランスです。
なかなか農に手が回らず、このところ寒さもあって畑は放置してしまっていますが…。

今目指しているのは、
・働き過ぎないこと(仕事を奪い合わない。自分のペースで働く)
・何があっても対応できるアイデアや力を養うこと
・人と親しみを持って繋がること
といったところです。

人生100年と言われるようになり、恐らくは死ぬまで働き続けることになるならば、
自分のペースで自分のアイデアで渡っていけるようになりたい、それには少しでも早くスタート方がいい、と思い、52歳で会社生活を離れました。
母が亡くなって家族がいなくなったことも大きな転機となりました。

さて、実際に起業してみたものの、もともと社交的ではなくコネクションも少なかったため、お仕事をなかなか得ることができないでいます。
実績も特別な強みもないので選ばれにくい、プレゼンテーションがうまくない、
そもそもどうやって人と繋がったらいいのか??というところでつまずいています。

起業塾などのセミナーに参加するというのも何だか違うような気がして、、
(実際に参加しましたが、事業を大きくすることに重点が置かれているので、あまり馴染めませんでした)
今感じていることは、インスタやWAKU2などで知った「この人に会いたい」と思う方に繋がってみることが、
背伸びせずに一歩づつ、なりたい自分になれる道筋なのではないかなぁと感じています。

「3万円ビジネス」に対する憧れもあります。
https://media.moneyforward.com/articles/1536
今よりももっとスローになって、一緒に活動できる仲間が欲しい。

そうなんです。山中康史さんの『シニア起業のイロハがわかる』記事にもありますように、
年齢的にもがつがつ利益を追求するわけではなく、
背伸びせずこつこつと自分を磨きながら、何かの形で人の役に立てはいい
人とビジネスライクにではなく親しみを持って交流したい
残りの人生をそんなふうに生きたいだけなのですが、、、

今は特別急ぎの仕事がないので、ほぼ毎日家に籠って、ネットで営業したり、デジタルや絵のスキルを磨いたりしています。
販売できるコンテンツ作り(写真や絵や動画)をしようと、もくもくと活動しています。
アルバイトをすると本業がおろそかになりそうで躊躇っていたのですが、
現実を考えると「バイトでもしないとやりたいこともできない」という状況で、
結局雇用されるしかないのかなぁと考えてしまったり。

それもこれもワクワク楽しんでひとつづつ課題を解決していければいいのか知れませんが…

相談相手も無く。
何かアドバイスいただければと考えて投稿いたしました。

宜しくお願い致します。

体験実施月:
常時開催
8月
9月
10月
11月
12月
2022年1月
2022年2月
2022年3月
2022年4月
2022年5月
2022年6月
2022年7月
2022年8月
2022年9月
2022年10月
2022年11月
2022年12月
2023年1月
2023年2月
2023年3月
2023年4月
2023年5月
2023年6月
2023年7月
開催地域: 東海
オンライン対応: 不可
◇フリーランス: WEB制作・デザイン
情報更新日: 2021/08/11
掲載日 2021/03/ 2

コメント・お問い合わせ (0)

コメントを送信するには ログイン が必要です