大きく変わる年金制度〜フルタイムで働きながら年金も満額受給しやすくなる

大きく変わる年金制度〜フルタイムで働きながら年金も満額受給しやすくなる

今年4月から施行される70歳就業法により定年制度が大きく変わりますが、同様に年金制度も大きく変わりそうです。

来年2022年4月から施行される「在職老齢年金」ルールの改正では、65歳未満で年金がカットされる基準が大きく変わります。

●現在のルール
60歳から64歳では、年金(厚生年金の報酬比例部分)+給料が月額28万円を超えると超過分の半分がカットされます。

●新しいルール(2022年4月から施行)
65歳未満で年金がカットされる基準が変更
65歳以上と同様に「年金+給料」が47万円までならカットされなくなります

今の制度ですと働けば働くほど年金がカットされました。
新しい制度では働いても満額年金がもらえるようになるのです。

つまり、新しい年金ルールの場合、年金をもらいながらワクワク働くことが可能になります。

■では、最も得する層はお幾つの方たちでしょうか?

年金の受給開始年齢は、以前は国民年金が65歳、厚生年金が60歳でした。
しかし、厚生年金の受給開始年齢は段階的に引き上げられており、2013年度の年金制度改正で、男性は1961(昭和34)年4月2日生まれ以降の方、女性は1966(昭和41)年4月2日生まれ以降の方は65歳になりました。

今回の改正で最も得をするのは、65歳前に「特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)」がもらえる以下の層です。

男性:1961年4月1日以前生まれの方々
女性:1966年4月1日以前生まれの方々

■新しいルールではどのくらい支給額が変わる?

年金が8万円(報酬比例部分)で月給24万の方と、
同じく年金が8万円(報酬比例部分)で月給34万の方で
比較してみます

●現在のルール

❶月給24万の場合
年金8万円+給料24万円=32万円
基準額28万円を超えた4万円の半分の2万円分の年金がカットされ
年金6万円+給料24万円=30万円
となります。

❷月給34万の場合
年金8万円+給料34万円=42万円
基準額28万円を超えた14万円の半分の7万円分の年金がカットされ
年金1万円+給料34万円=35万円
となります。

❷では❶よりも10万円も多く稼いでいるのに、年金がカットされ、実際に入るお金は5万円しか増えません。

●新しいルール(2022年4月から施行)

❸月給24万の場合
年金8万円+給料24万円=32万円
基準額47万円を超えないので8万円の年金はまるまる受給でき、
年金8万円+給料24万円=32万円
となります。

❹月給34万の場合
年金8万円+給料34万円=42万円
こちらも基準額47万円を超えないので8万円の年金はまるまる受給でき、
年金8万円+給料34万円=42万円
となります。

❸と❹の差額は10万円。つまり10万円多く稼いだ分がまるまる収入増になるのです。

つまり、年金+給与が47万円までならば、稼いだ額がそのまま収入増につながるのです。

現在の制度では年金をカットされないように月給を抑えたり、一度定年退社してアルバイトとして厚生年金に加入しない形で働いて年金をフル受給するという形で働くケースがあります。

新しい年金ルールでは、フルタイムで働きながら年金も満額受給しやすくなるのです。

人生100年時代、いくつまでフルタイムで働くかどうかは、人それぞれ、目指す生き方によって変わってくると思います。

40代、50代の内から早めに準備して、賢く働いて、年金をしっかりもらって、人生を謳歌しましょう!

オンライン対応: 不可
◇ワクワク生きるために: 人生100年の生き方
情報更新日: 2021/08/11
掲載日 2021/01/22

コメント・お問い合わせ (0)

コメントを送信するには ログイン が必要です