4月から施行される【70歳就業法】に備えてワクワク人生を!

今年4月から70歳就業法(改正高年齢者雇用安定法)が施行されます。

この法律は人生100年時代に向けて、働く中高年を支援する一方で、早めに人生設計を見直さなければ、老後の計画が大きく狂ってしまうかもしれないというもの。

■60歳以降は会社がレールを敷いてくれない

定年後も雇用延長で働こうという方は要チェックです。

今回の改正法では、これまでの日本企業の定年制度は消滅するかもしれません。

今回の改正は、実は70歳まで会社員でいられることを保証するものではないからです。
多くの中高年の皆様は働き方を大転換した方がベターです。

<主な違い>

●これまでの「雇用安定法」

企業側の義務として以下の3通りの方法で希望社員を65歳まで延長して雇用
①定年を65歳まで延長
②定年廃止
③契約社員などで65歳まで再雇用

●改正後の制度

企業側の義務(上記の3通りの方法での雇用を70歳まで拡大する)
①定年を70歳まで延長
②定年廃止
③契約社員などで70歳まで再雇用

上記に加えて、
④他企業への再就職を支援
⑤フリーランスとして業務委託(非雇用での就業)
⑥起業した人として業務委託(非雇用での就業)
⑦社会貢献活動への従事を支援(非雇用での就業)

上記の⑤〜⑥はフリーランスや個人事業主として、一度退社した後に会社の仕事を請け負うことになります。

また⑦では、企業が運営するNPO法人などで、働くことが想定されます。

いずれにしても、⑤〜⑦の選択をした場合は、会社員ではなくなるということになります。

改正前の法律では、賃金が安くなっても身分は会社員のまま保障されていました。

改正後は、雇用は70歳まで延長はされますが、65歳以降は、会社との雇用関係がなくなるケースがあります。
そうなると、労災や雇用保険の対象外となり、年末調整ではなく、確定申告が必要になってきます。

■大切なのは会社のルールを確認し、会社と交渉すること

改正前はとりあえず65歳までは会社の敷いたレールに乗っていることができました。

改正後は自分が働いている会社の人事に定年に関するルールを問い合わせ、そのルールの中で自分がどんな仕事をどんな形で続けたいかを明確にしなければなりません。

その上で、自分の希望に叶うように会社と交渉することが求められます。

■65歳以降を見据えて早めに行動する■

サラリーマンが65歳以降もワクワクして人生を送るにはどんな準備が必要でしょうか?

以下の3つのパターンを考えてみました。

❶自分の好きな働き方ができる企業を転職先として探す
・ベンチャー企業など平均年齢が若い会社はベテランの経験や人脈を欲しがる企業も多い

❷独立や起業の準備を早い段階から行う
・今の会社に支援制度があれば積極的に活用する。サラリーマンとは違った多様な働き方が出来るし、収入アップも期待出来る

❸65歳以降は仕事をリタイア、趣味に生きると決める
・早い段階から退職後は貯蓄や資産運用などで生活出来るように資金を貯めたり、リタイア後の生きがい探しをしっかり行う
・今回の改正の流れやトヨタ自動車が定期昇給を一律型から成果型に変えたりと、日本独自の終身雇用制や年功序列は変革の時代に向かっています
・フルタイムでの仕事はせず、それまでの蓄えに加え、アルバイトやパートなどで最低限の収入を得ながら生活するセミリタイヤという方法もあります
 
早めの準備で、是非充実した人生をお過ごしください。

さらには、働き方大改革に併せて来年には年金制度も変わります。
こちらについても、追って情報UPさせていただきます。

WAKU2では、今後も皆さんに役立つ情報を積極的に掲載していきます。ご期待ください。

オンライン対応: 不可
◇ワクワク生きるために: 人生100年の生き方
情報更新日: 2021/08/11
掲載日 2021/01/21

コメント・お問い合わせ (0)

コメントを送信するには ログイン が必要です