セカンドキャリアに向けたインターンシップ活用のメリット

セカンドキャリアに向けたインターンシップ活用のメリット

「インターンシップは新卒採用向け」ってイメージされていませんか?
実は今、社会人向けインターンシップが働き方改革の影響で盛り上がっていることがわかりました。
WAKU2ではインターンシップのメリットを考えると、まさに社会人こそ活用するべきと考えています。

そこで、先ずは社会人インターンシップのメリットついて考えてみました。

●社会人応募者にとってのインターンシップのメリット

①先ずは転職活用の準備に
転職するための準備期間としてインターンシップに参加することはおすすめです。
インターンシップという形で、興味のある企業や業界で働いてみると、自分はどのように職業人生を歩んでいきたいか、その後のキャリア形成を考えやすいからです。
仮に、インターン先が自分の思いと合わなかった場合でも、自身のキャリア形成を見直す良い機会になります。

②社会貢献につながる
会社に勤めながら、自分のスキルが思うようにいかせず、挑戦の機会を求めたい、出来ればもっと社会貢献につながるような仕事で、と考える社会人の方は多いと思います。
このような場合、フィールドが海外になることも多く、社会貢献に加え、よりハードな環境で自分のスキルがどのくらい通用するか、試すことができます。

③スキルとモチベーションが向上する
また、社会人インターンシップに参加することで、今まで自分が持っていたのとはちょっと違ったスキルや特性を持っている社員に出会うことも多いもの。
さらに、インターン先ならではのマネジメント手法などを学ぶ機会にもなります。
こうした経験は同じ会社にいてはなかなか得られない方も多いかと思います。新しい刺激を得ることで、自身のモチベーションが向上し、スキルアップにもつながります。

④自分の市場価値が把握できる
上記にも重なりますが、1つの組織で働いていると、なかなか自分自身の市場価値を把握するのが困難かと思います。
仮に所属している組織で貢献度などで評価されたとしても、毎回ほとんど同じ評価軸での評価になりがち。
一方、他社のインターンシップに参加すると、今までとは違う指標で評価されることになり、そこから新しいフィードバックも得られます。
今まで自分が気づかなかった潜在的な能力を見つけ、自身の市場価値を再認識する、といったケースも考えられます。
人生100年時代、長いキャリア人生を考えた場合、現在の自分のスキルが今いる組織の外でどのくらい通用するのかを確かめることは、とても有意義なことですよね。

今後、WAKU2では、皆さんの能力をフルに活かせるようなインターンシップ情報を紹介していきます。乞うご期待!

皆さんの率直なご意見も是非お寄せください!

◇インターンシップ: その他
情報更新日: 2021/08/11
掲載日 2020/12/26

コメント・お問い合わせ (0)

コメントを送信するには ログイン が必要です