早期退職を機に「没落する人・幸せ掴む人」の差は?失敗リスク減らす「10のチェック事項」も

早期退職を機に「没落する人・幸せ掴む人」の差は?

失敗リスク減らす「10のチェック事項」も

サラリーマンにとって、セカンドライフを考える時に悩むのが、このまま今の会社に居続けて、副業として何か始めようという選択か、一念発起して早期退職して転職しよう、もしくは自ら起業しようという選択か。

一昨年から昨年にかけて、富士通・NECといった大手メーカーが早期退職を募集しました。今年はコロナ禍で、旅行会社や航空会社が大規模な人員削減を発表するなど、多くの業界でリストラが加速しています。

リストラが当たり前の時代。もし勤務先が早期退職を募集したら応じるべきなのでしょうか。それとも会社にとどまるべきでしょうか。

以前は、早期退職に応募するというのは危険な賭けでした。しかし今は、応募せずに泥船に乗り続けるというのも、また危険な賭けです。

東洋経済オンラインに、早期退職に応募した2人の事例を紹介したうえで、早期退職に応じるべきかどうかの「10のチェックポイント」が紹介されていました。
東洋経済オンラインの記事へ>

早期退職を募集している会社で働いている皆さん、この機会にチェックポイントを慎重に検討し、悔いのない人生の選択をしてみては…ワクワク人生の第一歩になるかも

オンライン対応: 不可
◇ワクワク生きるために: 人生100年の生き方
情報更新日: 2020/04/ 1
掲載日 2020/12/ 8

コメント・お問い合わせ (0)

コメントを送信するには ログイン が必要です