47都道府県「幸福度」ランキングでトップに立ったのは?

47都道府県「幸福度」ランキングでトップに立ったのは?

全47都道府県幸福度ランキング2020年版(監修:寺島実郎、編:日本総合研究所)が9月4日に発売されました。
地域社会に生きる人々の幸福を考えるきっかけをつくることを目指して2012年に発刊されてから、今回でシリーズ5冊目となります。

ワクワク人生を地方に移住して過ごしたい、そんな皆さんの移住候補先の選択肢としてこの本が利用できるかも。

この本では、地域の社会的状況や構造を示す5つの基本指標と、人々の幸福感を具体的に評価する尺度として「健康」「文化」「仕事」「生活」「教育」の5分野・50指標と追加指標の計75の指標で都道府県別の「幸福度ランキング」が算出されています。

今回の2020年版では、福井県が47都道府県のトップに立ちました。
福井県はなんと4回連続の首位となります。

福井県の強みは、「仕事」と「教育」。
「仕事」は1冊目の2012年版から1位を守り続けており、「教育」も他の都道府県を大きく引き離す高得点を獲得。

そんな福井県に迫る高得点を獲得したのが富山県
富山県の魅力は「生活」。2012年版から1位を獲得。
その他の分野も上昇し、今回は前回5位から大きくランクアップしました。

同じ北陸の石川県も4位を獲得。
これら3県の共通点は「仕事」「生活」「教育」の高さといえます。
とりわけ「教育」では北陸3県はトップ3を占めてます。

さらに、興味深いことに上位の都道府県が本州の日本海側地域が多い点も気になるところです。

首都圏はというと、「基本指標」「文化」で圧倒的な強さを持つ東京都が3位を獲得。
東京都は過去4回連続で2位でしたが、今回は惜しくもランクダウン。

他の首都圏7県では、茨城県(24位→15位)、埼玉県(21位→8位)、山梨県(13位→7位)が上昇。
栃木県(17位→25位)、群馬県(18位→22位)、神奈川県(7位→23位)、千葉県(11位→27位)がランクダウン。
※1冊目の2012年版との比較

1冊目(2012年版)との比較で上昇が目立ったのは、山形県(31位→9位)、新潟県(33位→19位)、佐賀県(29位→17位)。
各県とも「基本指標」「生活」が比較的安定していることが共通項として考えられます。

下位の沖縄県は今回も順位を上げ、2012年版の47位から今回は44位に。異文化交流の進展などから「文化」の上昇が目立ちました。

ランキングの詳細については書籍をご覧くださいませ。

オンライン対応: 不可
◇地方 de WAKU2: その他
注意事項: WAKU2事務局からのお知らせです。
情報更新日: 2021/08/11
掲載日 2020/09/ 7

コメント・お問い合わせ (0)

コメントを送信するには ログイン が必要です