北海道の最北に位置する猿払村で新しい施設園芸に挑戦!

北海道の最北に位置する猿払村で新しい施設園芸に挑戦!

北海道の最北に位置する猿払村。
人口約2,700人、日本一の水揚げを誇るホタテをはじめとした水産業と広大な農地を利用した酪農業が基幹産業。

590k㎡の広大な面積の中に10の地区があり、高齢化の進んだ地域も多数ある中、村内の新たな取り組みや資源の発掘など地域の活性化に向けた意欲的な活動を期待して「地域おこし協力隊」を募集しています。

セカンドライフを「地域おこし協力隊」として活躍してみませんか?

皆さんがこれまでの経験で培った田舎にはない視点や発想力が期待されています。

■こんな方におすすめ
『とにかく農業をやってみたい』という方!
・農業の詳しい知識はないけれど、農業に興味がある方
・農業を通じて、地域の方々と積極的に交流していく意欲のある方
・お互いに協力しあい、目標の実現に向けて楽しく取り組める方

「地域おこし協力隊」の業務概要 
人の手と最先端技術による新しい施設園芸に挑戦
・村内での施設園芸(ハウス)栽培実証
・上記実証事業を通じての猿払システムの確立
 ※詳細は要項をご覧ください。

■プロジェクト内容
ハウス栽培実証
村内に新設されたビニールハウスで、イチゴ(2月~10月)と葉物野菜(10月~1月)を栽培します。
従来の農業と同様、人の手による作業を行いつつ、制御装置による最先端の栽培管理を行います。また、センサーから集められた情報をもとに、温度管理や水やり等を自動制御することで作業負担の軽減を図ります。
「猿払システム」の確立
単に作物を育てるだけではなく、猿払村に最適化されたハウス栽培法の確立を目指します。これは今まで勘と経験により行われていた農業を、『誰でも』できるようにするベースとなるものです。
温度等の環境データは自動で取得されますので、作物の日々の変化を記録していただきます。

募集人員 :2名
勤務条件 :シフト制(週5日程度土日祝勤務有)、1日あたり7時間45分以内の勤務
賃金:月額200,000円(別途、期末手当勤務期間に応じて最大年間 2.6 月)
車両借上料:月額 25,000 円(活動や通勤に自らが所有する車両を使用の場合)

申し込み期間
随時(定員に達するまで)

募集要項など
・募集要項▶︎
・応募用紙▶︎

情報発信
猿払村地域おこし協力隊twitterアカウント▶︎
猿払村地域おこし協力隊Instagramアカウント▶︎
猿払村地域おこし協力隊の運営する移住情報サイト「猿払村ぐらし」▶︎

活動紹介
・活動紹介1▶︎
・活動紹介2▶︎
・活動紹介3▶︎
・活動紹介4▶︎
・活動紹介5▶︎
・活動紹介6▶︎
・活動紹介7▶︎

お問合せ
猿払村役場 企画政策課 企画係
電話:01635-2-3132
〒 098-6232 北海道宗谷郡猿払村鬼志別西町172番地1

定員: 2人
体験実施月:
常時開催
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2012年1月
開催日時リクエスト: リクエスト不可
開催地域: 北海道
開催地住所: 北海道宗谷郡猿払村鬼志別西町172番地1
オンライン対応: 不可
◇地方でお仕事: 地域おこし協力隊
情報更新日: 2021/03/28
掲載日 2021/03/28

コメント・お問い合わせ (0)

コメントを送信するには ログイン が必要です